前回の記事でも少し触れましたが、目元の皮膚はとても薄いんです。

例えるならおでこがタオルくらいの皮膚の厚さなら、目元はガーゼくらいの厚さしかありません。(0.3~0.5mm)。

なのでちょっとの刺激でもダメージを受けやすく

•間違ったスキンケア
•紫外線によるダメージ
•加齢による肌の衰え
•スマートフォンやPCの見すぎ

 

などが原因で簡単にシワやたるみ、クマができてしまうのです。

でも逆に言えば少し意識するだけでもこれらの原因を予防することも可能になります。

間違ったスキンケアを止めよう!

 

バッチリメイクをした後に、ゴシゴシとクレンジングをして化粧を落としていませんか?

繰り返しますが目元の皮膚は薄いので、ゴシゴシ洗うとシワになりやすいので注意が必要です。

特に濃いアイメイクを落とすときにポイントリムーバーを使うと思いますが、コットンに付けて擦っていませんか?

ポイントリムーバーを使う時は、コットンに染み込ませてまぶたの上に5~10秒乗せた後にやさしく拭き取るようにします。

また、ポイントリムーバーの代わりに「オリーブオイル」を使うのもおすすめです。

 

オリーブオイルでポイントメイクの落とし方

①コットンにたっぷりのオリーブオイルを染み込ませる
②コットンをまぶたの上に乗せ30秒ほど待つ
③やさしく拭うように拭き取る
④通常のクレンジングと洗顔をする

 

※オリーブオイルを使う際はスーパーなどで販売されているモノではなく、薬局などドラックストアなどで購入できる精製されたモノを使ってくださいね。

紫外線のダメージ

紫外線対策を1年中していますか?実は、紫外線は1年中降り注いでいますし、肌が老化する原因の約7割はこの紫外線とも言われています

紫外線を受けると肌を守ろうとメラニンが大量に作られます。

通常このメラニンは、ターンオーバーによって体外に垢として排出されますが、加齢に伴いターンオーバーの乱れやサイクルが長くなると、排出されずに肌に残ります。

これが「シミ」の原因になるんですね。

さらに紫外線はシミだけでなく「たるみ」も引き起こします。

紫外線は肌の弾力を保ってくれるコラーゲンやエラスチンを壊してしまうんです。

とくに目もとはダメージを受けやすく、シワやたるみが目立ちやすい場所。

さらに紫外線をいっぱい浴びると体をサビ付かせてしまう「活性酸素」が増えてしまいます。

1年中紫外線対策を忘れずに!

シミやしわ、たるみの原因になる紫外線は1年中、降り注いでいます。

夏場は紫外線対策をする女性は多いと思いますが、季節や天候に関わらず日焼け止めを使うことがおすすめです。

家の中にいるだけでも紫外線を浴びるとも言われているので、外出しない日でも日焼け止めを使うのが1番ですが、面倒であればフェイスパウダーでも十分ですよ。

加齢による肌の筋力の低下

 

加齢によって肌の弾力を保ってくれるコラーゲンやエラスチンが減少すると、肌を支えきれなくなって、目元の脂肪がたるみとなって出てきます。

※この目元のたるみでできた影が「黒クマ」なんです。

さらに目元は普段の生活の中でも「まばたき」くらいで、意識して使うことはありませんよね?

目の周りって普段から大きな動きをすることがないので、筋肉が衰えやすくなりこれもたるみの原因の一つに挙げられます。

つまり、目元の筋肉こそ意識して動かしてあげることが大事

そこで、簡単にできる目の周りの筋肉を鍛えるエクササイズをお伝えします。

 

目の周りを鍛えるエクササイズ

①目を軽く閉じる
②ゆっくり目をギューっと閉じて5秒間キープ
③少しずつ目の力を抜いていく
④眉を上げて目をパッと開き5秒間キープ
⑤ゆっくりと自然な状態に戻す

 

この運動を1日5回くらい繰り返して行うこと効果的です。

血行も良くなるので、血行不良で起こる青クマの対策や予防にもつながるのでぜひ、試してみて下さいね!

スマートフォンやPCの見すぎ

 

今や「スマホやパソコンを使わない日は無い!」と言うくらいに毎日、使っていると思います。

そんなあなたに質問です。1日にどれくらいスマホやPCの画面を見ていますか?

実は、画面を見ている時って人間はまばたきが減るといわれています。

まばたきが少なくなると目の周りの血行が悪くなり、血液が滞ってしまい栄養が上手く運ばれなくなるんです。

このスマホやPCの使い過ぎが、目元の乾燥やクマの原因の一つであることも忘れないでおく必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

目元が老けて見える原因、あなたの生活習慣の中で当てはまるものがあったのではないでしょうか?

無意識にしていることが多いと思いますが、少し自分の中で意識を変えていく事で目元の老化は予防することができるのでぜひ、今日から気をつけるようにしてください。

1日、1日のほんの少しの努力が5年後、10年後大きく変化することは間違いありませんよ!

 

おすすめ記事

目元ケアクリームの正しい選び方

プチプラ市販品と高級品は何が違う?