世の中にはたくさんの目元ケアクリームがあります。

安価なものから高級品まで品揃えは豊富ですが、安価な商品は粗悪品も多く効果を実感できない場合が多いようです。

でも、私は美容家ではありませんから「何が一体違うのか?」さっぱり分かりません。

まずは、安い商品と高い商品では何が違うのか見ていきましょう。

市販品は効果なし!?その実態は?

上記でもお伝えした通り、目元ケアクリームも数千円~数万円のものまでさまざまです。

一体何が違うのでしょうか?一つずつ見ていきましょう。

成分数の違い

まず、価格の大きなウエイトを占めるのが商品に含まれる成分品数の違いです。

安価な商品と高級品では裏の成分表をみると、たくさんの成分表示がされています。←読むのが嫌になるくらいです。

この成分一つひとつをメーカーから仕入れる訳ですから当然、コストがかかりそれが商品の価格に反映されます。

その点プチプラの目元ケアクリームは、成分数が少ないので安価で作ることができるんですね。

ですが「成分が多ければ多いほど良い」と言うものではありません。

実は化粧品の原料にはキャリーオーバーといって「本来配合する成分に付加される成分」というものがあります。

つまり、成分が多くても無駄になることがある場合も少なくないので、価格が高いから効果があるとは一概には言えません。

成分濃度の違い

プチプラの商品と高価な商品の成分がたとえ同じでも、その成分の高度によって価格は違ってきます。

たとえば「セラミド」はどちらの商品にも配合されている定番成分のひとつ。

ですが、セラミドも濃度が濃くなければあまり意味がありません。

当然、濃度を濃くしようとすれば価格は高くなってしまいます

一概に濃度が高ければ「効く!」とは言い切れませんが、安価な商品の場合は必要以上に薄めて配合しても成分表に記載する粗悪品も実在します。

希少な成分が入っているかどうか?

目元ケアクリームでも定番の成分の他に、値段が高い商品の場合は特殊な成分が使われているときもあります。

プチプラ商品は基本的には定番成分ばかりが入っています。たとえばヒアルロン酸やコラーゲンなどです。

これらの成分は安価で大量に流通しているのでその分、商品の価格が安く抑えられます。

一方、メーカー独自技術の成分などは莫大な研究費がかかっているので、その分が価格に反映されるんです。

たとえば一昔前は1gで3,000万円もしたと言うプロテオグリカンは、今では精製技術が向上し安くはなってきていますが、このプロテオグリカンが配合されていると価格は高くなる傾向にあります。

添加物の使用の違い

化粧品には、品質保持や使いやすさの向上のために添加物が使われることが多くあります。

ただし、この添加物は肌の負担になることがあるため、特に敏感肌や乾燥肌の人は出来る限り使わない方がいいです

ですが添加物のひとつであるシリコンはテクスチャーを質感の良いものにしてくれたりする役割があります。

シリコンを使わずに質感を向上させたり、簡単につくれる添加物を避けて商品をつくると、どうしてもコストが高くなりがちです。

ですのでどうして無添加の場合は品質保持をすることは大変なのです。

無添加にこだわることで使うときに質感が悪かったり、商品の劣化が早かったりとデメリットがあることも覚えておく必要があります。

広告や宣伝費の違い

ドラックストアや薬局などで置かれている目元ケアクリームは比較的安価で購入することができます。

この理由として、上記でお伝えしたように基本成分しか配合されていないことがあげられますが、それ以外にも大手メーカーであれば大量に商品を生産し安いコストで卸すことが可能です。

小さなメーカーは製造コストや独自成分の開発などで費用がかさむので、その分が価格に反映されていまいます。

市販の目元ケアクリームと高級品の違いまとめ

結局のところ、安い目元ケアクリームと高い商品の価格差だけを判断して「こっちが良い」とは一言では言い切れません。

中には安い商品で十分と言う方もいらっしゃいます。

さらに言えば、高級品だからと言って必ず効果があるわけでもありませんし、お肌に合うとも限りません。

つまり、自分に合うかどうかは実際に使ってみなければわからないのです。

そして目元ケアは短期間で改善するものではなく、継続して使う事でジワジワと効果が実感できるもの。

無理して高級な商品を買っても続けられなければ意味がありませんからね。